ケースストーリー

アルメレ・シティ - オランダ1部

アルメレ、オランダ

アルメレ・シティフットボールクラブはオランダのサッカークラブです。 クラブは2001年に設立され、トップスポーツで積極的な役割を果たしアルメレ市議会の野望を表しています。 このため、スポーツクラブ(オムニワールド)が結成され、現在はバレーボール支部、バスケットボール支部、フットボール支部で構成されています。 2010年から2011年のシーズン前に、クラブはFCオムニワールドと呼ばれました。

 2011年、アルメレ・シティはEvolution XQ芝生を設置するためにグリーンフィールズを選びました。 もちろん、完璧な天然芝でプレーするのが一番ですが、オランダの天候のため、天然芝が競技試合のための条件を満たすことを全シーズンで期待することはあまり現実的ではありません。 天然芝は、現代技術によりさらに最適化された人工芝の開発にあたり常に標準としてみなされてきました。 弾力、見た目、そして非常に重要な特性などのボールのバウンドの仕方は、FCドルトヒトの新しいピッチでは天然芝とほぼ同じです。 要するに、新しいピッチは選手と観客にとっての利点。