ケースストーリー

Adoデン・ハーグ - オランダプレミアリーグ

ハーグ、オランダ

グリーンフィールズ、人工芝生産者TenCateと建設会社Heijmansは、わずか2週間で、オランダのプレミアリーグチームAdoデン・ハーグの本拠地である京セラスタジアムにまったく新しい人工芝システムを作りました。 人工芝システムは10月21日月曜日にロイヤルオランダサッカー協会(KNVB)によって承認され、2日後に納品。

Adoデン・ハーグは10月26日土曜日にFC Twenteに対してTenCate Evolution™繊維に基づく新しい人工芝システムでホームでプレーすることができます。 京セラスタジアムで人工芝を敷くには2週間しかかかりませんでした。 マウリス・ステイン監督が選抜したチームは、10月23日水曜日に初めてスタジアムで再トレーニングすることができました。 トレーニング後、チームとコーチは、新しいピッチにとても満足していると言いました。

これは本当に最高品質の共同達成です。 また、スポーツ用設計された上部構造の衝撃吸収層とTenCate Evolution™繊維を使用した高品質の人工芝のおかげで、最高品質のピッチであることが分かり、世界中のプロサッカーでその価値が証明されました。

ユーゴ・ド・フリース、グリーンフィールズ事業開発ディレクター

TenCate Grassは人工芝繊維の開発と製造、グリーンフィールズは人工芝システムの供給と設置を行っています。 主契約者Heijmansが基礎工事。 3企業とハーグ市とADOデン・ハーグ市のよい協力関係により、新たなピッチが記録的なスピードで構築。 フィールドの上にカバーを伸ばすことで、夜間や悪天候でも作業することができました。 その結果、KNVBの承認は予定よりも2日早くで終わりました。


2013年から2014年のサッカーシーズン後、グリーンフィールズ、TenCate、Heijmansは京セラスタジアムとそれに隣接する一時的なグリーンフィールズスタジアムで、2014年のホッケーワールドカップのGreenFields®TX人工芝システムを作ります。